老化とヒアルロン酸

ひとえに老化と言っても、それが具体的にどのような状態を指すのかを理解できていない人も多く、また説明を加える化粧品メーカーも少ないものです。

お肌をいつまでも若々しく保つためには、老化について理解をしておく必要があります。老化とは年を重ねることによって機能が衰えていくことを指し、いわゆるお肌の老化とは、たるみや小皺ができている状態を言います。

ここで重要なのは、それではどのような機能が低下しているのか、ということです。

お肌の内部にはコラーゲンやヒアルロン酸があるということはご存知の方も多いはず。これらの成分は、実は同じく真皮内にある線維芽細胞が生成していて、正常ならば常に一定量に保ってくれています。コラーゲンやヒアルロン酸の量が少なくなってしまうと、お肌の弾力が失われるのですから、これらを生成してくれる線維芽細胞は美容においてとても重要であることが分かります。

ここまでくれば分かると思いますが、お肌の老化とはつまり、繊維芽細胞の機能が低下していることを指しているのです。

お肌のヒアルロン酸は年々減少していき、赤ちゃん肌を100%とすると、30代で40%程度、50代だと20%程度にまで減ってしまいます。

このような状態に陥る理由の1つが線維芽細胞の機能低下であり、エイジングケアではいかにこの機能低下を食い止められるかがカギになるわけです。

合わせて読む:エイジングケアは無意味ではない!